賢い激安中古車の選び方を知ってる?素人が見るべき中古車のチェックポイント

中古車

車を手放して数か月・・・

車が無いことで維持費も0になりお財布の中もいつもより多くなっていましたが

ある出来事をきっかけに再度車を購入することになりました。

狙うのは激安中古の軽自動車

購入の予算は・・・20万円以内

 

 

安いとはいえ20万円も払うのだから、すぐに壊れてもらっては困るので

チェックするべきところをしっかりと押さえて良い買い物をしたいものです。

 

この記事ではド素人ですが、実際に激安中古車を購入した経験を持つ私が

注意するべき点や後から気づいた点などを解説していきます。

激安中古車チェックポイント

販売店に必ず確認しておくことは?

『修復歴』があるか、無いか。

事故車の場合は、修復歴ありとなり外観は良くてもシャーシなどに

重大な損傷があるかもしれませんし、ボディが歪んでいるかもしれません。

見た目は良くても修復歴ありの車は購入しないほうが無難です。

これは、販売店に確認すれば教えてくれますし

今は中古車の説明箇所に”修復歴あり”などと表記してくれています。

 

問題は、水没車ですね。

事故じゃないので修復歴にならないんですよ。

なのである程度信用のおける販売店で購入したほうがいいですね。

 

外観のチェックをしましょう

安くても見た目は大事です。

でもプロじゃ無いので塗装の具合なんかの目利きがありません。

そんな人でもここだけはチェックして欲しいポイントは

外観で錆が出ているかいないかをチェック

錆は奥のほうまで浸食している可能性があるので

少しの錆でも出ていれば注意です。

特にタイヤハウス回りなどにサビが出ていることが多いです。

気に入った車で少し錆が出ている場合は販売店に錆の修復が可能かどうか

交渉してみてください。

中古車の販売店は修理工場を持っているところが多いので

無料とはいかないでも格安で錆の補修をしてもらえる可能性が高いです。

 

大きなキズが無いかチェック

中古車なのでキズは入っていて当たり前と思ってください。

小さな傷は・・・我慢です。

でも、大きな凹みは見栄えも悪いのでこれも格安で修理できるか交渉しましょう。

小さな擦り傷はコンパウンドで磨けば消える場合も多々ありますので

その車が気に入ったのならば、購入後自分で消すこともできる・・・かも

また、最近は中古車でもコーティングをやってくれる販売店がありますので

多少料金はかかりますが、コーティングを依頼してもいいかもしれません。

というのもコーティングをする際には下地作りのため必ずポリッシャーを

かけますのでポリッシャーで傷が消えたりしますし、コーティングされて

ボディがピカピカにもなりますのでおススメです。

 

下回りも覗いてみましょう。

タイヤの山の残り具合なんかもチェックしましょう。

車検が通らないくらいにすり減っていたら、交換の交渉をしてください。

(交渉するのはタダなのでダメ元くらいの気持ちで交渉するのがいいですよ。)

最近はアジアンタイヤなら安いので新品に交換してくれるところもあります。

 

タイヤをチェックするついでに下回りも覗き込んでください。

下回りを覗き込んでチェックするのは、オイル滲みとサビの程度です。

オイルが滲んでいたら・・・

パッキンが劣化している可能性が高いので、その時はその車はスッパリ諦めましょう。

サビが酷い場合も、その車は諦めて別の車にしたほうがいいです。

特に北の地方からの車は除雪剤の影響で凄くサビが浮いていたりします。

 

内装をチェック

一通り外観をチェックしたら、次は内装です。

内装のチェック箇所は、シート・天井そして匂い

シートのチェック

シートの汚れ、シミ、破れなどをチェックしましょう。

中古車なのである程度は汚れています。

その汚れやシミは取れるレベルなのか、また許容範囲なのか良く見てみましょう。

まあ、最悪シートカバーを付ければ全部隠すことができます。

その次は、シートのクッションの具合を見てみましょう。

特に運転席はクッションがヘタっている場合があります。

この場所はシートごと交換するしかないので許容範囲を超える

ヘタリ具合の場合は見送るという選択肢も止む無しです。

 

天井をチェック

天井も意外と汚れていたりします。

特に前のオーナーが喫煙者だった場合は黄色くヤニがついていて

車内もタバコの臭いがしているはずです。

天井やシートに染み付いた臭いは中々消せませんので、我慢できないようなら

その車は諦めましょう。

 

エンジンをかけてみましょう。

外観と内装のチェックが終わったら、エンジンをかけさせてもらいましょう。

ここでは異音が無いかとエアコンやパワーウィンドウの動作をチェックします。

できれば試乗させてもらって走行時の異音なんかもチェックしたいところですが

ナンバーが外されている車は試乗できませんので、そこはケースバイケースです。

一発でエンジンがかかればOKですが、エンジンがかかりにくい場合は

バッテリーやプラグに不具合がでている可能性があります。

 

アクセルを軽く踏み込んでみよう

アクセルを軽く踏み込んで異音がでていないか

エンジンのふけ上がりにモタツキがないかなどをチェックしてください。

 

エアコン・パワーウィンドウを作動させてみよう

エアコンやパワーウィンドウは重要な装備なので

ここはしっかりと動作をチェックしてください。

冬であってもエアコンをMAX作動させてしっかり冷気がでているかを見てください。

パワーウィンドウは全部の窓の開閉をチェックです。

 

ここまで問題がなかったら・・・。

 

いよいよ購入の検討です。

激安中古車の場合、値引き交渉は難しいので・・・

・交換して欲しい箇所の交渉(有償・無償)

・内外装の清掃の依頼

などを行い見積もりをもらいましょう。

 

その場で決定してもいいですが、他に気になる車がある場合は

一旦保留にして後日返答します。

しかし、中古車は唯一無二の1台なので返答時にはもう売れてしまってた

ということもありますので、一両日中に返答するのがいいですね。

 

その他の重要ポイント

それは、対応してくれた営業マンの人柄です。

話をしていると、その人の人柄が伺えますので誠実な対応をしてくれた

営業マンならウソや大げさな話もしないので安心できます。

決して売りたいだけの営業マンから購入してはダメです。

 

まとめ

 

わたしが激安中古車を購入したときにチェックした箇所に沿って解説しました。

素人のチェックなので、まだまだ甘いチェックだと思いますが

これくらいが素人にできる最低限のチェックだと思っています。

私がもっとも重要だと思うのがその他の重要ポイントで上げた

対応してくれた営業マンです。

本当に誠実な営業マンなら、「この車はやめたほうがいいですよ」

とアドヴァイスをしてくれます。

そんな営業マンから「この車はおススメです」なんて言われると信用できますね。

中古車とは出会いなので、縁があればきっといい車に出会えると思っています。

 

激安中古車の購入を検討されている方、最低限のチェックポイントを見極めて

良い出会いがあることを願っています。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました